bowstreet menPropa D'orchestra
al grido pub
rustic stomp from JAPAN fukuoka
can you see our tail!?

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
ロカビリークラブダンシング 00:00
昨日に続き今日もレコードを紹介します。
何やらDJらしくなってきたか?(笑)


ロカビリークラブダンシング。

この単語何なんでしょうかねぇ?(笑)
分かりそうで分からないこのコピー!
なんだか魅力的だなぁ。(笑)
この単語にバップやストロール、ジャイブなんかが含まれるのは当然です。
その他にも勝手に横に揺れるだけとかでもいいと思うわけですよね。
片手に酒持ったりして。
ルール無用(人に迷惑かけたらダメよ)で楽しんで貰いたいって意味も込められているのでしょうね、多分。(自分達でつけたコピーですが、多分とつけたくなる)

ロカビリー。ロックンロール。
ボクは正直、詳しくないどころかコンピ程度しか持っていないんで。
かじってもいないような人間なのですが。
そういうイベントにはちょこちょこ遊びに行っていたので。
そういうところで得たボクの感覚でのロカビリークラブダンシングを紹介したいと思います。

THE MEN THEY COULDN'T HANG "SILVER TOWN"


BILLYなバンドではないです。
でもrootsにロカビリーとかはあるはずです。(持ってないけどシングルでghost riderをしているそうです。DOLLで読みました。)
世にいうIRISHバンド。(イギリスのバンドなんですけど最近はIRISHバンドと世の中は呼びます。この辺はなんか言葉を選びたいとこです)
POGUESなんかと同時期を活躍したバンドで今もガシガシライブやっているみたいです。
音的にはPOGUESとかよりは当時のイギリスの音(ま、いわゆるネオアコとかそんな風味。あくまで風味。)になっているのかな?
ゲストでバイオリンにBOBBY VALENTINOが参加しています。(今もライブでゲスト参加しているみたいです。誰かBOBBYさんの再発CDみかけませんか?)
その辺も音的には納得っちゃぁ納得?
ネオアコ好きはこのバンド聴くのかなぁ?

と詳しいことはHPなりmy spaceなりで調べてください。
今回紹介したい曲はこのアルバムに収録の"Diamonds , Gold & Fun"です。
すごい金金なタイトルだなぁ。
是非聴いてみてください。
思わず手拍子取ってノッてきますよぉ。

昨日はレコード買え的な発言しちゃったけど。
安く編集盤CD買えるならそっちもいいよなぁと反省。(正規品ならなおOK)
買えないのも(値段やら流通量やらで。最近はレコードリリースされないしね)たくさんありますもんね。
でも言いたかったのはもらったCDRでDJはいかがなものか?的なことですね。
ま、そんな感じだたのですが何であんな風に書いたのかな?






| 音楽 | comments(0) | - | posted by bowstreetmen - -
スポンサーサイト 00:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>